エイジングではあるが若者もOK

抗酸化作用を持つサントリーのセサミンは、エイジングケアサプリメントとして開発されました。しかし年を重ねないと飲んではいけないというものではありません。一般的に体内のセサミンが減少してくるのは40代以降の人だといわれています。50、60と重ねていくほどに、体内のセサミンは失われていくということですね。そのためのサプリメントではありますが、このセサミンの量には個人さがありますよね。若いけれども体内のセサミンが少なくなっているという事は珍しいことでもありません。もともと食材では摂取し辛い成分なので、知らない内に気がついたら不足しているということも。若者でも栄養が足りていないのは最近増えていますよね。

若い内にサプリメントを飲んでおくと、文字通りの健康貯金をすることができます。成分によっては体内の働きを阻害してしまう、ということもあります。コンドロイチンなどは、若い時にとると体の修復力などに影響がでてしまうんですよ。セサミンの働きを考えると、若い内に摂取をしても特に問題が起こることはないでしょう。成人した後であれば、将来のためにとサントリーセサミンで身体を錆びにくくしておくのも一つの方法です。セサミンが一粒に凝縮されているこちらのサプリは、1日に3粒が目安です。